少林問道を見終わって、琅琊榜を見終わって、その後(如歌とかみた)

というわけで少林問道を見終わったのです。うん、なんか根本的なところで納得いかないことがたくさんあるドラマですが、とりあえず見て面白くはありました。
(どういうところが納得いかないのかというとうまく説明できるような気がしません。単純な仇討ちのドラマではないというのはわかるのですが、であるにしても仇討ちはこの人らの心の中でどういう風に処理されたんだろうな、みたいなところの周辺に、なにやらとても納得のいかないことがあるのです)

で、見終わって少し開封府を見始めたけど、どうしても途中で飽きてしまって(あのドラマはOPとEDの曲がなんかフランス映画っぽくて好きではあるのですが)、そしたらアマプラ見放題に琅琊榜と甄嬛传が入っていたので、とりあえず3周目くらいの琅琊榜をみました。いややっぱりこれは未だ「最高峰」ですね。これを超えるドラマがこの先出てくるのだろうか。

でこれはもう面白過ぎてあっという間に見終わってしまうのですが、そこでまた開封府を見始めてやっぱりなかなか先をみたい気持ちになれなくて、で、アマプラ見放題に今度は寂寞空庭春欲晩が来ていたのでそれを見ようかなと思ったのですが、これ男性陣はいいのですが、ヒロインの顔が嫌いなんでちょっとおいといて、甄嬛传を見始めたのですが、眉荘さんが妊娠したと思いこまされ陥れられる手前のところで止まってます(あのへんムナクソ悪くて苦手なんですよ)

で、なんとなくタイトルだけで忌避していた烈火如歌(邦題:如歌)を見始めました。迪丽热巴がヒロインで张彬彬も出てくるやつ。でも张彬彬は男1じゃなくて当て馬的ポジション。どういう話かというとファンタジーよりの武侠ドラマというのが一番正しいかなと。江湖の門派の覇権争いに、荘主の娘とその許嫁の関係がこじれた原因だのなんだのが絡んでくるわけなんですが。
面白かったかというと、途中、武侠色の強い部分まではかなり面白かったですね、食わず嫌いで損してたな、と思う程度には。具体的には、暗河宮が壊滅状態になるあたりまで。ですが、男1つまりヒロインと結ばれる役の人が、元F4の人、つまり若いころは超アイドルだった人らしいんですが、アイドルの頃を知らない私にはどうにもこうにもおっさんにしか見えない。おっさん全部が嫌いというわけじゃないんですが、「俺はまだまだ若い女と付き合える」とイキってるタイプの若作りのおっさんなんですよ。でもって、ストーリー上も若いカップルの片割れを自分の運命の女性だからと追いかける系。この人が江湖でも俗世を離れた縹渺派というところの総帥なんですが、100年以上生きてても若々しいままだし、死んで雪のように消えてしまったのに生き返る、それも2度も。うーん、うーん。
いやホントこのおっさん絡み以外の部分は普通に面白い武侠ドラマだっただけに、これがもうなんというか「いやそれいらなくない?」って感じでした。まあ実際のところこの人いないとストーリーが成立しないのだろうと思うのですが。
で、张彬彬なんですが、ずーっと復讐心に囚われていて苦悩と怒りに満ちた表情なんですが、本当はヒロインが好きでたまらないのに、嫌わなければ憎まなければと思い酷い態度をとりつつ、でも命が狙われていると知れば助けようとするし、死んだと思っていたのが実は生きていたのを知った時は思わず喜びが表情に出てしまう(笑顔っぽい表情はドラマ全編を通じてこの一瞬だけでした)とか、自分の人としての器の小ささを思い知らされて苦悩したりとか、そういう张彬彬もよいですね。何よりよかったのは、もうヒロインの心が自分のところに戻ることはないとわかっていて、それでも想いを断ち切ることができないところですね。

追記:
これ、「初夜」に対するこだわりみたいなのがあちこち出てきてそこらへん微妙に気持ち悪かったです。まあ金庸はじめ武侠って割と女性の処女性にこだわりがある話が多い気がする。
それと、主要な登場人物の中に「姫驚雷」という人と「雷驚鴻」という人がいて、名前の文字がかぶりすぎだろ、と思った。

 

というわけで見終わった後、今度はアマプラ見放題に「将夜」が来ていたので、それを見始めています。これもまあファンタジー系といえばファンタジー系なのですが、ダークファンタジーというか、ふわふわ恋愛系ではないので、今のところ面白く見ております。

 

 

華ドラあるある

前にもちょっと書いたけど、

子供のころに互いの身分を知らずに知り合った二人、片方(たいていは男)が実は高貴な身分で、幼い頃の思い出の人をずっと心で追い求めていて、大人になって再会し……

みたいなやつ。これ割とあるあるで

雲中歌
寂寞空庭春欲晩(皇帝の恋)
孤芳不自賞(孤高の花)
扶揺
将軍在上(花と将軍)
秦時麗人明月心(麗姫伝)

がすぐに思い浮かぶし、その他、ちょっと微妙ではあるけど

独狐伽羅

でも、楊堅が曼荼を許嫁にする理由が子供のころに出会った伽羅のことを曼荼だと錯覚していたらしい描写があったりしますね。

今朝たまたまyoutubeで華ドラのトレーラーを見ていたのですが、邦題が「紅蓮伝」とかいう、原題が「少年遊之一寸相思」なドラマがそのパターンのようでした。(豆瓣8.4·とかいうものすごい高評価なのでちょっと興味ある)

まあだからなんだっつー話なんですが。

ちなみに私が再三「華ドラ初心者に最初にお勧めするドラマ」と言っている美人心計ですが、こちらはのちに代王から漢皇帝となる劉恒には子供のころに大好きだった乳母がいて、その乳母に生き写しの娘がのちに代王妃→漢皇后となる話なんですが、その息子劉啓は子供のころに知り合ったをのちに皇后にしてたりしますね。

少林問道を見始めた

しかしめんどくさいタイトルだよね、少林「問答」ではないのです。少林問道。で、主人公と思われる人が程聞道って名前なんだけど、少林「聞道」でもなくて少林問道。

義兄弟の契りを結んだ3人と、その親世代のやはり義兄弟の契りを結んだ3人との因縁のお話、なんだけど。子世代の3人のうち一人がきめえ丸みたいな感じで、彼が親や高官と義兄弟の契りとの間で板挟みとなってるのを最初は同情的に見ていたのだけど、なんかだんだんただのきめえ丸にしか見えなくなってきて困ってます。

主人公の許嫁の役をやってるのが、若曦で敏敏格格やってた人なんですが、いや最初全然わからなかったよ、こっちの役ではとにかく全く笑顔になる場面がない。

美人心計を見終わったあと

というわけであっという間に見終わった美人心計のあと、何を見ようかと悩み中です。とりあえず大秦帝国の3つめとか、3周目になる隋唐演義とかも見てみたのですが、いやここは少林問道かなあ、と思っております、といいつつまだ3話くらいしか見てない(というか前回見たときはもう少し先まで見ていた気がするけど全部忘れてる)。

なんかもう少し新しめのやつもHDDにはたまっているのですが、透析中に見るとなるとFireタブレットに移さなきゃならなくてめんどくさいのです(なんか愛が足りない)。

 

 

ひさびさの美人心計

アマプラのプライム会員無料のビデオにとうとう見るものがなくなったので、しかたなくアジアドラマチャンネル(月額880円)に加入しました。で、何を見てるのかというと、懐かしの「美人心計」です。

ホント久しぶりにみているのですが、いやー今見てもこれ絶対面白いですよ。さすがに絵面は多少古臭い感じがしなくもないけれど、でもやっぱりラブ史劇の原点って感じがします。

まあ、杨幂さん今と随分顔違うなあとか冯绍峰さんあんまり顔変わってないなあとか罗晋さんもあまり変わらないなあとか苏青さん顔変わりすぎだろとか茅子俊さんなんか初々しいなとかあとこの子役みたことあるなーとかそういうことを考えながら見ています。

おすすめyoutubeチャンネル

 

www.youtube.com

 

です。まだちゃんねる登録者が500人もいないようなチャンネルなんですが、ラブ史劇を史実と比較検証する、というか、ラブ史劇の舞台となった時代について史実はどんなだったかを解説するゆっくり動画です。ゆっくりが苦手な方はダメかもしれないけど、個人的にはかなり面白いと思います。ここまでにやったのは、九王奪嫡と若曦と諍い女、オスマン帝国外伝(これは私わからないのでみてない)、北魏北斉北周と王女未央と後宮の泪と蘭陵王と独狐伽羅。多分この先きっと如懿伝とかやってくれるんじゃないだろうかと思います。

楚喬伝

 というわけで赵丽颖主演の南北朝時代アクションドラマ(なんて表現でよいのか?)楚喬伝でございます。前に第一話だけ見て冒頭の奴婢狩のシーンで辟易して放置してたのですが、透析中に見るドラマがなくなったので改めて見てみました。

結論から言うと、超よかったです(面白かったというのとは違う気がするが)。

ストーリーとしては、訳ありの奴婢・小六を北魏諜報機関の跡取りの宇文玥が見込んで星儿と名付け鍛えていくのだけれど、宇文玥の親友で燕北の世子(人質)の燕洵は星儿に興味を示し,たびたび窮地に陥る星儿を助けているうちに彼女に惹かれていく。そうこうしている間に北魏の皇帝は燕北の王族を皆殺しにし(人望と権力を持つ臣下に疑心暗鬼になりちょっとしたことで謀反の意ありで殺しちゃうのとか中華あるある。この場合梁の間諜が絡んで手紙を捏造したりしたのだけど)、唯一生き残った燕洵は星儿(ちなみに彼女の本名が楚喬であることを知った燕洵は「阿楚」と呼ぶ)と助け合いながらなんとか生き延びる。公主との縁談を期に殺されそうになる燕洵はそこでうまいこと叛乱を起こして都を脱出するのだが、その頃から燕洵と阿楚の間に溝が。一方で宇文玥のほうは闇落ちした燕洵についていこうとする星儿を止めようとするが止められない。何度も選択する機会はあったけどずっと燕洵を支える方を選ぶ阿楚。で、あれこれあって最後燕洵は宇文玥を殺そうとするけど、その時阿楚は氷の湖に沈んでいく宇文玥を追って水に飛び込んでいく、

みたいな感じなんですが(すごいすっとぱしてる)。

前半、お気楽な人質暮らしを飄々と楽しんでいるかに見える燕洵が、一族を全部惨殺されたことを機会に復讐の鬼と化していくわけですが、その中でも阿楚に対する想いだけは一途で、臣下や民を見捨てることなどなんとも思ってないような残酷な君主だけど阿楚のためなら天下を奪う機会さえ捨てる。どんどん阿楚(この人は正義感と義侠心の人)との間の溝が深まっていくことで苦悩を深めていく燕洵は、奸臣の讒言によって宇文玥を暗殺する命を下すに至るわけですが、そのことによって彼は阿楚の心を永遠に失ってしまうことになる。

一方の宇文玥はというと、最初は諜者としの潜在能力を見込んだ星儿をひたすら鍛えていたけれど、彼女の(いろんな意味での)強さに次第に心惹かれていき、冷徹でほとんど感情がないような人が、最後には罠かもしれないとわかっていながらも星儿が危険であることを知ると命がけで助けに行き、そこで初めて星儿の気持ちをつかむことができるけれど、彼女を生かすために水中で星儿を突き放す。

まあいろいろな意味でこの二人は対照的で、
お気楽で飄々とした燕洵は前半とにかく常に優しくて思いやりがあったのが、後半になると自分の野心のために他人を犠牲にすることを厭わず疑り深くなっていく、
諜報組織の長となるべく育てられた宇文玥はストイックで家名と組織が一番大事で他人の感情に配慮することもなかったのが、だんだん星儿のために危険を厭わなくなる(けどその分愚かしい行動もとる)
という変化もさることながら、
最初から好き好きアピールの激しい燕洵だけど彼女の気持ちを考えてか手を出す(性的な意味で)ことはなく、
ストイックでツンデレな宇文玥は相手の気持ちお構いなしにいきなり抱きしめたり無理チューしたりと強引、
だったりするんですよね。

一見すると、特に後半は、冷静で大局的にものを見つつ星儿をひたすら陰から守る宇文玥のほうが、復讐に囚われて疑い深く変わっていく燕洵より魅力的に見えたりするのでしょうが、なんか私には、そんな風に変わっていってしまう燕洵を見捨てられない阿楚の気持ちが理解できるような気がするのです。

でも今回この主役の男二人よりも、個人的にはそれ以外の阿楚へ想いを寄せる男、裕王元嵩と梁国太子簫策の二人がとても好きでした。
裕王はひたすら明るくまっすぐな性格で、のちにこの明るさもまっすぐさも嫌なものをみないことにしていたためだということに自分で気づき、妹のために危険を冒して燕北に向かう軍に紛れ燕洵を襲い、そのために右腕を失ったり辺境の地へと送られてそれまでの皇族の贅沢暮らしから離れることになっても、明るさと善良さは失われないし、和睦より戦を選ぶ兄を止めようと体を張ったり、人としての強さを持ったいい男になっていきます。そして彼には、家族を失い殺し屋として育てられたけれど心を失っていない女性との出会いが最後にあって、なんかよかったね幸せになってねという気持ちになります。
梁国太子簫策は普段女好きのチャラチャラした表の顔しか見せないけれど、実はかなりの策士というか権謀術策というか深謀遠慮の人で、そして人の本質を見抜く力がある。そんな彼の本質を見抜いていた阿楚(彼は喬喬と呼ぶ)をなんとか守りたいと手を尽くす。見返りを求めない彼の気持ち、あたしがこの中から選ぶとしたら断然この人ですね。

-=-=-=-

それにしてもです。いろいろ不満がないわけじゃないですよ。終わり方ももちろんだけど、前半あれほど思わせぶりというかさぞ重要な伏線であるかのようにちりばめられていた楚喬の出自についての謎、あれストーリー的にはそこまで重要じゃないですよね、親の代からの因縁がどうのという話はあったものの。

あと、梁国の公主と北魏の貴族との間で国を跨いで匿名で文通する謎システム、あれなんなんですかね。