「中国時代劇を10倍楽しむ本」

 

中国の歴史もわかる!  中国時代劇を10倍楽しむ本 (三才ムック)

中国の歴史もわかる! 中国時代劇を10倍楽しむ本 (三才ムック)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 三才ブックス
  • 発売日: 2020/02/05
  • メディア: ムック
 

 というわけでこの本を買ったわけです。これ系のムックはよく買うのですが、ちょっとこれは毛色が違う感じ。私はよく「時代劇みる場合はその時代とか、実在の人物の場合はその人について、wikipedia程度でいいから調べておくとドラマがより楽しめる」ということを言うのですが、この本のコンセプトは割とそのへんです。というわけで、この本の方向性自体については、もろ手を挙げて大歓迎です。

ですが。この本の内容、肝心の時代劇ドラマについて、知識が十分でないというか、いやこれドラマ見ないで書いてるんじゃないの?と思う記述があちこちに見受けられました。

まず、一番ひどいと思ったのが、雲中歌~愛を奏でる~、というか劉弗陵のページ。ここに雲中歌のあらすじと称するものが書かれているんですが、これがまあ、ドラマ見てたら絶対にこんな間違いをしないよなレベルの間違い。時の皇帝が子供のころに再会を誓った陵哥哥であることに雲歌が気付いてなんとか宮廷に上がろうとする、なんてストーリー、どこから出てきたの?あと、孟カク(字が出ない)の出自も全然違ってるし。劉病已のキャラ紹介のところもなんかちがうし。そもそもこのドラマが風中奇縁の続編だということに触れていないのはなぜなのだろう(私が見落としただけ?)。

その他にも、人物相関図で明らかに重要な人物が抜けていたり矢印やハートの位置が違っていたりするがちょくちょく見受けられました。自分が見たドラマでこれだけ粗があるってことは、見てないドラマについて書かれてることも結構間違いだらけなんだろうな、と。

それから、これは微妙なところではあるのですが、横店影視城のことを知らないのでは?と思わせるような記述が何か所かあってですね。清代や明代のドラマで「実物そっくりな宮廷のセット」って言ったら横店の毎度おなじみ実物大紫禁城だな、と気が付く人は多いと思うのですが、ドラマ制作に力が入っていることの例として「本物そっくりの宮廷のセットを作り」みたいに書いてあると、そのドラマのためにわざわざ作ったんだってすごいよね、と言ってるみたいで、いやそれ違うから、何度も見てるからその橋とか門とか池とか、って突っ込みたくなります。

なんだろう、ドラマ愛が足りない気がする。

あとね、「宮廷女官若曦」「宮廷の諍い女」「琅琊榜」の定番3本が入ってなかったりするので比較的新しめのところでまとめてあるのかなと思うと新水滸とか入っているし、実際の歴史との関係を重視してるのかと思えば花千骨だのの仙侠ファンタジーとか、「孤高の花」みたいな架空時代のものも入ってるし。…そういえば今気が付きましたが特定の配給会社さんのがごそっとないっていう感じなのかな。あと、如懿伝のところで、これが「宮廷の諍い女」の続編であることに言及しないのはちょっとおかしいかなと。

うん、買って損するとは言いません。こういう切り口の本ほしかったし(これまで出てたムックは、歴史と絡めるとうたいながら結局役者メインで史実との差異についてはコラム的にしか触れてないようなところありましたからね)。ですが、ちょっとライターの質に疑問符が付く感じですね。

秦时丽人明月心おわりまで(若干ネタバレあり)

というわけで見終わりました。うーん。結末が不幸せendだというのが事前に知っていたんでショックとかはないのですが、いろいろと思うところが。

まず第一なんですが、「子供のころにお互いの身分も知らず知り合って、ずっと思い続けてきたその相手と大人になって再開し」みたいなパターン、結構見飽きたような気がします。雲中歌がそうだったし、孤高の花もそうだったし(ってたまたま最近見たってだけですが)。

次。なんか登場人物が頭悪い。荊軻が素直というか裏を読まない人なのはおそらくそういう長所の人という設定なのだろうから仕方ない(にしても考え浅いよね)のかもしれないけど、人の忠告に耳を貸さない人だなあと。一方で知略にも長ける女侠であったはずのヒロイン麗姫も、後半加速度的に頭悪くなっていって、おまけにこの二人、その時その時で結構場当たり的というか、生き延びるために結構大きなものを捨てている割には、それだけ大きなものを捨てたくせに結局最後は命を粗末にしてたりとか、芯がない感じがして。どうしても私はこの二人には感情移入ができませんでした。

そこへいくと大師兄韓申は麗姫を守りたい感情が圧倒的に強すぎて時々向こう見ずな行動をとりますが、一貫して麗姫のためだけに生きている感じで、個人的には結構好きでしたね。あと、嬴政の側近の李仲さん、この人もイエスマンの側近ではなくて、ちゃんと人を見る目もあるし自分の意見もある人で、最後は嬴政の盾となって死ぬんですが個人的には脇役で一番好きなのはこの人でした。

その他気になった点としては、燕太子丹、彼は麗姫の剣舞に乗じて刺客を放って嬴政を暗殺しようとしてるのですがそのことは視聴者にはわかるけど物語の中では明かされない。まあそれはよいとして、高漸離がいうほどの人としての卑劣さはあんまりよくわからなかったと思う。周りの人がどんどん彼のために命落としてることについて一応は心を痛めているようではあったし。

それと、楚夫人のキャラも最後いい人みたいになって死んでいきますが、最初は李斯と組んで昌平君を殺そうとしておいて、あとで昌平君の罪をかぶって死ぬとか(李斯も昌平君も楚夫人も全部楚の人)良くわからない(昌平君って楚の公子なので楚の公主である楚夫人とは関係深いような気がするんですけどね)。

まあ、张彬彬の美しさを愛でるにはなんの問題もないのですが、最初から最後まで、怒った顔も笑った顔も優しい顔も切ない顔も、申し分なく美しいので(結局そこかよ)。

**追記**

麗姫の侍女の清児、彼女があまりにも麗姫に忠実すぎるあたりがちょっとずっと気になってはいたのですが、最後の最後になって、実は麗姫を監視する盈政の命を受けていたことが明かされます。荊軻の死について彼女の果たした役割が結構大きいわけで、なんかそこらへんが個人的にはなんだかなあ、でした。

**追記終わり**

 

多分そうだと思いつつ今更調べたのですが、これって小説「秦时明月」シリーズの第一部である「荊軻外伝」の映像実写化作品ということのようですね(え?てことは、主人公って麗姫じゃなくて荊軻のほうなの?)。なので話として次につながるのが私が見る見る詐欺を続けている蒋劲夫と陆毅と孙艺洲とかが出てる「秦时明月」になるはずで、いよいよそっちを見なければいけないような気になってます。(中国語字幕しばらく見てないので頭がついていけるかどうか不安ですが)

 

秦时丽人明月心

というわけで、何度かはじめのほうを見ては中断していた麗姫と始皇帝ですが、アマゾンプライムの無料のところに加わったので、見ています。3連休で集中してみたので、残り7話くらいまで進みました。

いやこれ、ありきたりな感想で申し訳ないのですが张彬彬が美しい。全体的なイケメン度もまあそこそこ(李仲の中の人とか、荊軻の中の人とか)なのですが、圧倒的に张彬彬が美しすぎます。なんだろうこの人、寂寞空庭春欲晩の時もかっこよくはあったのですが、表情の振れ幅が出てきたのかな。正直、「え?始皇帝を张彬彬?線が細くない?」と思ってましたが、いや線は細いには細いのだけど、思ったより強い感じがしました。黒と赤の衣装がこれほど似合うとは。キャッキャウフフ的な部分に若干のジュブナイル感はなくもないのですが。

時代背景としては、秦の始皇帝による中華統一の直前というか、始皇帝暗殺にいたるお話なのですが、強い大きい国と衰退した国と小さい国とまだまだ力があって大きい国とか乱立している時代なのでそこらへんの力関係とか位置関係が日本人にはあまり肌感覚でわからない(韓と燕が弱小で楚が割と強いというのはなんとなく知ってはいるけど)のでのでそのへんわかってるともっと楽しめるのかもしれません。

まあ、ちゃんとした感想は全部見終わったら書きます。

うわ間あいちゃった。

あけましたよ。

それはさておき、年末年始の休みにちょっとはたまっているドラマを消化しようかと思っていたのに、なにもみなかった(正確には、「那年花开~」を1話分だけ見た)。いや、いろいろ見ようとは思っているのですよ。

まあ、ぼちぼちいきます。今年も低空飛行ですがよろしくお願いします。

雑というかお詫びというか文句というか

このブログはもともとはてなダイアリーだったのが自動で移行されたものなんですが、移行時にちょっとトラブルが発生しています。何かというと、「射鵰英雄伝」ってあるじゃないですか、金庸原作の武侠小説のドラマ化ですが。あれについて言及した記事が、ほぼ全部「射都英雄伝」になっています。なのでたぶん、「神鵰侠侶」も神都侠侶とかになっているのではないかと。

いやこれ、なんでこんなことになったんだろうか。鵰の字(雕を使う場合もある)って確かに環境依存ではあるんだけど、でもだったら雕にしてくれればいいのに。なんで都なんだ。

如懿伝へのツッコミとかその他。

「なお、原作小説はテレビドラマ『宮廷の諍い女』の続編であるが、テレビドラマ版は続編的な位置づけではなく、一部設定が異なる。」とウィキペディアの「如懿伝」に書き加えたのは私なのですが、いやホントここ、結構個人的には気になっているところ。

 

そもそもが小説の甄嬛伝が架空の王朝の話だったのを、ドラマ化した時に清朝雍正帝の時代の話にしたもので、ドラマが大絶賛だったからなのか続編小説は清朝乾隆帝時代の話として書かれでいるわけですが。そうしたらその続編小説をドラマ化する場合はドラマの甄嬛伝の世界線上に作られると期待しちゃうわけじゃないですか。だけどそうはならなかった。

甄嬛はもともと、愛する人と添い遂げたいという平凡な幸せを望む、聡明で善良な、義と情を重んじる少女だったのですよね。それが当初は自分が後宮でつぶされないため、そして家族を守るために強かにならざるを得なかった、そういう悲しみが甄嬛伝の最大のテーマだったのだと思います。

だからね、如懿伝での皇太后(甄嬛)にも、そういう人物像を期待してしまうわけですよ。でも、少なくとも今のところ、そういう感じではない。智謀に長け権力欲の強い人という面ばかりがクロースアップされているような気がします(まあこの先どうなるかわからないけど)。

※そういう点ではむしろ、延禧攻略の皇太后のほうが情と義にあつい感じがする。

そういえば日本語字幕ではキャスト標記が鈕祜禄氏となっていて鈕祜禄甄嬛にはなっていないのですよね。

 

個人的に違和感が大きかったのは、皇太后鈕祜禄氏が猫を膝に抱いて撫でているシーンでした。甄嬛は猫が苦手、というのは甄嬛伝では何度か出てくるエピソードで、如懿伝のドラマ版を作った人たちもそのことは知っていたはずだと思うけど、「あれとは別の話」ということを強調するためにあえて猫のシーンを入れたのか、それとも原作者が(甄嬛が猫が苦手ということを忘れて)そういうシーンを書いていたのか、確認はしていませんがなんか残念な気がしてます。

**:

 

甄嬛伝の原作をちらちら読み進めているのですが、中国語wikipediaで小説のほうの甄嬛伝について調べると、実は原作小説では沈眉荘さんと温実初さんとの間の子供は男の子で、その子が皇位を継ぐ、のです。

ドラマでは雍正帝が死にかけているときに、甄嬛が雍正帝に向かって「眉荘さんと温実初の子供を大切にしてくれて天国の眉荘さんも喜んでいる」みたいなことを言い、それで雍正帝が怒りのあまり興奮しすぎてこと切れるわけですが、ここは原作どおりならば「大切にしてくれて」ではなくて「皇太子にしてくれて」なはずなのです(今原作を確認したら確かにそう書いてありました)。だからこそあそこまで激怒したわけですよ。

単に自分の子ではないものを自分の子だと偽られたことへの怒りを呼び起こすためであれば、あそこで眉荘さんと温実初を出さずに自分と皇弟との間の子供のことを言えばいいのに、と思っていたけれど、なるほどこういうことだったのね、と思いました。

とまあ、いまだにこういう掘り下げところがあるのが甄嬛伝という作品のすごいところだなあ、と。

 

延禧攻略 看完了。

 ·というわけで終わりました。ぱちぱちぱち。いやーこれ面白かったですよホントに。ラスト2話にいろいろ詰め込み過ぎた感はなくはないのですが、にしても70話あっというまだった気がします。

(ちなみにですが、最終回の前々日に巨大台風が来て、強風でアンテナが曲がってしまったので、台風通過後に最初にやったことが「アンテナの調整」だったのですよ。ホントこれでラスト2話だけ見逃すとかなったら悔やみきれないので)

 個人的に、私はこっちの乾隆帝のほうが人間らしくて好きでしたね(いやもちろんあちらの乾隆帝のほうがルックスがいいとは思いますが)。あと、初回からいけすかない感じだった納蘭氏、最後までいけすかない感じではあったものの結構それなりにおもしろいキャラだったように思います。あと、こっちの李玉さんのちょっと舌っ足らずな「ふぁんしゃーん」もなかなかでした。

 にしても、番宣で「皇后にまでのぼりつめた」と言ってたけど、本編では皇貴妃までですよね(確か史実では「皇后に追封」つまり死んでから皇后になったのだったような記憶が)。最近華流たくさん放送してくれるのはいいんだけど、邦題がネタバレだったり番宣のコピーがちょっとちがくない?っていうのが多いので、そこらへん隙あらば突っ込みたい自分としてはなんか言いたい気がする)

 あと、最後のほうで継皇后と主人公が女子トークする場面があるんだけど、あれちょっと良かった。継皇后、直接2人ほど手にかけているわけですが、それについては結局最後までなにも明かされなかったのですねえ(まあいまさら必要がないという感じなのでしょうが)。

 もいっこ。袁春望は最初から嫌なやつだと思ってましたよ。自分を慕ってた女を簡単に処分しちゃったりしてたでしょ、辛者庫の時にも。そして彼に関しては結末はあまりに予想通りでちょっと拍子抜けです。不満ってそのくらいですかね。

 

 こっちがあまりにテンポよくサクサクと話が進んだせいか、あっちが結構ダラダラした話に感じられる、というのが、実のところ一番の不満かもしれません。